資格seek TOP > 海技従事者seek TOP > 小型船舶操縦士とは
◆小型船舶操縦士とは

小型船舶操縦士免許は、日本国内においてレジャーやスポーツなどで使う水上バイク、クルーザーなどを操縦するために必要な免許で、船舶職員及び小型船舶操縦者法に基づく国家試験で、業務独占資格です。


免許の区分は現在1級、2級、2級(湖川)、特殊(水上オートバイ)の四種類に区分されています。
たびたびの区分の改正が行われ現在のようになってます。


◆免許の区分

  • 1級:ボート免許のトップクラス。(水上オートバイは操縦できません。)18歳以上
    操縦できる水面・・・無制限
    操縦できる水面ボートの大きさ・・・総トン数20トン未満、長さが24メートル未満。用途がスポーツやレクリエーションに限られる。
  • 2級:沿岸のレジャーに最適。(水上オートバイは操縦できません。)
    操縦できる水面・・・川や湖、湾などの陸岸にほぼ囲まれた水域や海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域
    操縦できる水面ボートの大きさ・・・総トン数20トン未満、長さが24メートル未満。用途がスポーツやレクリエーションに限られる。
    年齢が18歳未満はボートの大きさが5トン未満に限定。
    18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。
  • 2級(湖川):湖や川だけ利用。(水上オートバイは操縦できません。)
    操縦できる水面・・・湖や川などの内水面と指定された一部の海域に限定。
    操縦できる水面ボートの大きさ・・・総トン数が5トン未満、エンジンの出力が15キロワット未満。
  • 特殊(水上オートバイ):水上オートバイ用資格。ボートは操縦できません。
    操縦できる水面・・・水上オートバイという船そのものの航行できる区域

◆小型船舶操縦士になるには

小型船舶操縦士になるには筆記試験、身体検査にパスする必要があります。


◆どんなとこで活躍するの?

観光業、マリンスポーツなど

Sponsored Link

全国にたくさんある船舶免許や海技士養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

海技従事者を目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

小型船舶操縦士、ボート免許を取れる学校を探す。

海技従事者を目指せる学校を一括で表示