気象予報士試験情報等気象予報士ポータル

気象予報士は気象庁長官の許可を受け、「現象の予想」をする人を言います。 テレビ局のアナウンサーなどが、気象予報士の資格を持ち、天気の解説をしてますが、解説自体に気象予報士の資格は必須ではありません。 試験は年二回、受験資格の制限はありません。

1月10日更新

気象予報士seekって?

気象予報士seekとは。

気象予報士ってなに?

気象予報士とは、資格の説明

気象予報士になりたい!

気象予報士になるには

気象予報士ライブラリー

気象予報士関連オススメ書籍

気象予報士試験はどんななの?

気象予報士試験概要

気象業務法をブラウザで

気象予報士の法律

気象業務支援センターによる案内

気象予報士試験指定試験機関

資格診断 - 気象予報士診断

あなたは気象予報士に向いているか
気象予報士試験情報
平成28年度第2回(通算第47回)気象予報士試験概要
願書受付期間 平成28年11月14(月)〜12月2日(金)
試験日 平成29年1月29日(日)
試験科目 ●学科試験の科目
1、予報業務に関する一般知識
大気の構造/大気の熱力学/降水過程/大気における放射/大気の力学/気象現象/気候の変動/気象業務法その他の気象業務に関する法規
2、予報業務に関する専門知識
観測の成果の利用/数値予報/短期予報・中期予報/長期予報/局地予報/短時間予報/気象災害/予想の精度の評価/気象の予想の応用
●実技試験の科目
1、気象概況及びその変動の把握
2、局地的な気象の予想
3、台風等緊急時における対応
合格発表日 平成29年3月10日(金)
受験地北海道・宮城県・東京都・大阪府・福岡県・沖縄県
受験に便利な宿を今すぐ予約
その他もろもろこちらをご覧ください

気象予報士関連ニュース

サイトマップ