平成27年度通訳案内士試験概要
願書受付期間 5月18日(月)〜6月29日(月)
試験日

筆記試験:平成27年8月30日(日)

口述試験:平成27年12月13日(日)

合格発表 筆記試験:平成27年11月19日(木)(予定)
最終:平成28年2月10日(水)(予定)
受験地 筆記試験

札幌、仙台、東京、名古屋、京都、広島、福岡、那覇、ソウル、北京、香港、台北

口述試験
英語・中国語・韓国語:東京、京都、福岡
それ以外:東京
受験に便利な宿を今すぐ予約
受験手数料8,700円

Sponsored Link
資格seek TOP > 通訳ガイド/通訳案内士seek TOP > 通訳ガイド 通訳案内士(業)とは
◆通訳ガイド 通訳案内士(業)とは
語学系最強の国家資格

通訳案内業者は、報酬を受けて、外国人に付き添い、
外国語を用いて、旅行に関する 案内をすることができます。
(国土交通省HPより)


通訳案内士/通訳ガイドはいろんな語学資格、検定がある中で最高峰の資格であり、
国土交通省が行う国家試験です。


この資格は業務独占資格で、この資格を持っていないと外国人をガイドして報酬を得ることが出来ません。
(無資格者がガイド報酬を得ると罰金が科せられます。)


この試験の合格率はかなり低く外国語によって違いますが5%から11%とかなり難関資格です。

英語の場合英検1級レベルの問題に加えて日本の地理、歴史なども出題されます。


このように難関として知られる通訳案内業資格ですが2005年5月に通訳案内業法が改正されて、
06年4月から新しい通訳案内士法が誕生し資格名も「通訳案内士」となります。


これは政府の政策により2010年までに訪日外国人を1000万人にするという「観光立国」を目指しているためで、 大幅に通訳案内士を増やす予定のようです。

また、難関だった合格率も20〜30%台になるそうで、
これから通訳ガイドをしたいという方には追い風ということになります。


さらにこれまでの通訳案内「業」として免許制から通訳案内士として登録制に変わり、あらたに都道府県限定の通訳ガイド 「地域限定通訳案内士」も新設され、地元密着で通訳ガイドをしようという方は検討してみてはいかがでしょう。


この資格は語学系で最難関の資格のわりに仕事は不安定で、収入は決して良いとはいえないようで、 これからの緩和策により学生がアルバイトとして使うなどには割がいいが、専業でやるには難しいそうです。

Sponsored Link
全国にたくさんある通訳案内士養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

通訳案内士を目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

サイトマップ

通訳案内士を目指せる学校を一括で表示