資格seek TOP > USCPAseek TOP > 米国公認会計士とは、USCPAになるには
◆米国公認会計士(USCPA)とは
国際的に活躍

米国公認会計士(USCPA)とは、米国公認会計士協会(AICPA)によって行われる全米統一の試験です。


企業などに対して会計・税務等に関するサービスを提供する専門家です。

アメリカにおいて医師、弁護士と並んで難関とされる資格で、高い社会的ステータスを得ることができます。


主な業務は、会計監査業務や財務諸表の作成、経営・財務・税務に関する調査、立案、相談といったマネジメントサービス、M&A等です。

CPAの活躍の場は欧米、アジア諸国に続き日本でも国際会計基準の導入が進められていて、大半が米国の会計を土台に作られているので、ますます米国公認会計士の有用性が高まってきていて、グローバルに拡がっています。


現在、会計基準は各国によって異なっていますが、国際的調和の観点から、
各国の会計基準を国際会計基準(IAS)に近づける動きがあります。

そのIASの基本となるのが米国の会計基準。
BlG4と呼ばれる会計事務所がアメリカを中心に業務を展開していて、
日本の監査法人もBlG4との提携を進展させています。

IASが米国の会計基準に沿ったものとなるのはほぼ間違いないという見方が有力です。


また、財務情報を読むことのできる米国公認会計士(CPA)の資格を持つこと は、就職・転職に有利であり、活躍の場が世界に拡がるかもしれません。


試験自体は全米統一ですが、受験する州によって受験のための要件などが異なっています。


◆どんなとこで活躍するの?

一般企業、監査法人、会計事務所など


◆米国公認会計士(USCPA)になるには

米国公認会計士(USCPA)になるには試験を受けて合格する必要があります。


基本的にアメリカに行き試験を受けます。

年四回あり、受検要件は州によって異なります。


米国公認会計士(USCPA)講座一覧
米国公認会計士(USCPA)試験とは

Sponsored Link

初学者から学習経験者、または同等の知識がある方まで幅広く対応!

資格の学校TAC<米国公認会計士>各種コース開講

サイトマップ

資格の大原米国公認会計士講座
専任講師がいて最短ルートで合格レベルに導いてくれます!仕事と両立、受験専念などカリキュラムも充実!
資格の学校TAC<米国公認会計士>各種コース開講

TAC<米国公認会計士>各種コース開講