資格seek TOP > 医療事務seek TOP > 診療報酬請求事務能力認定試験概要
◆診療報酬請求事務能力認定試験概要

診療報酬請求事務能力認定試験は年二回行われ、 医科、歯科のいずれかを選択します。

受験者1万4千人を超え、男女比は1:9と圧倒的に女性が多い試験です。

合格率25%程度

  診療報酬請求事務能力認定試験概要
試験期日 年2回 7月、12月
試験地 札幌市、仙台市、さいたま市、習志野市、東京都、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市
試験内容

学科試験
医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
医療用語及び医学・薬学の基礎知識
医療関係法規の基礎知識
介護保険制度の概要

実技試験
診療報酬請求事務の実技

受験資格 特になし
受験手数料 7,500円
合格発表 試験二ヶ月後程度
Sponsored Link

医療事務を取りたいといってもたくさんの種類がある中、どれを取ればいいんだろう・・・

そういう時は有名どころの診療報酬請求事務能力認定試験がおすすめです。

診療報酬請求事務能力認定試験が取れる学校を探す。

Sponsored Link

サイトマップ

医療事務の専門知識と技能を問う試験により、エキスパートを認定する医療事務資格 メディカルクラーク

医療事務を目指せる学校を一括で表示する