資格seek TOP > 競艇seek TOP > 競艇選手とは
◆競艇選手とは
平均年収、選手寿命が高水準

競艇はモーターボート競走法 に基づいて、国土交通省管轄の公営競技の1つです。


競艇選手は全国の競艇場で開催されるレースに参加し、専用のモーターボートに乗って競う、プロのスポーツ選手です。
資格の有効期限があり、三年毎に更新する、更新制資格です。


プロスポーツということで、実力がものをいう世界ですが平均年収は2000万くらいあり、退職金や災害補償金なども充実しています。


競艇選手になるに際、最初の難関は競艇学校に入ることです。
この競艇学校を受験する要件にはさまざまな制限があり、年齢はもちろん、身長、体重、視力、血圧など所定の要件をクリアしなければなりません。
具体的には20歳以下で、身長170センチ以下、体重55キロ以下という感じです。

以上の要件をクリアしても合格率は3〜5%とかなり狭き門です。


競艇にはの競走格付けというものがあり、グレード制が採用されていて、SG(スペシャルグレード)、G1、G2、G3、一般戦の五段階に分かれます。

競艇選手の中でも一流が集まるのはSGとG1でさらにSGは最上級選手があつまり、賞金王決定戦では賞金の桁が違います。


選手にもクラス分けがありA1、A2、B1、B2の4つの級に分けられます。
勝率6点台がA1級のボーダーラインで全体の選手数に比較すると、A1が15%、A2が20%、B1が55%、B2が10%。
その中でもA1の上位50人ぐらいが、年間を通して記念(G1)やSGの斡旋を受けられます。
このトップクラスの選手になるのにもかなりの狭き門だということがわかります。


競艇学校入学が難関、SG選手は一握りと、なにより実力がものをいうプロスポーツ資格のひとつですが、他の競技(サッカー、野球など)に比べて選手寿命が長い(60歳を超えたSG選手も存在する)。
選手の平均年収が2000万と、プロスポーツ選手の中では恵まれているほうです。


それでもプロですからなにより上を目指す気持ちが何より必要なのは言うまでもありません。

Sponsored Link

サイトマップ