資格seek TOP > 資格試験合格者体験記 > 日商簿記2級合格体験記
◆日商簿記2級合格体験記

ここは「日商簿記2級合格体験記」にクローズアップした合格体験記です

◆基本データ
  • 名前= やまさん
  • 資格名= 日商簿記2級
  • 年齢= 32
  • 性別= 男性
  • 血液型= AB型
  • 取得年齢= 30
  • 取得期間= 半年未満
  • 形態(専門、独学)= 独学
  • 費用、学費(雑費含む・およそ)= 1800円程度
  • 最終学歴= 大卒
◆取得のきっかけはなんですか?

そもそも、税理士試験を受験してたのがきっかけです。

大学時代のことですが、就職を期に中断してます。

そのときに受験勉強だけして、何も資格を取ってないということで、
日商簿記3級と2級を同時に受験しました。

◆なぜ合格できたと思いますか?(勉強法・心構えetc)

昔ですが、税理士試験の勉強をしてるとき、簿記論と財務諸表論を受講してまし たので、簿記の基礎知識はありました。

日商簿記2級ですと、そのような基礎知識がない初学者で、働いてる人でも1〜 2ヶ月あれば、
合格レベルに達することができるかと思います。

勉強法としては、過去問だけです。

市販の過去問で、解説や、ちょっとした例題がついてるもので、昔勉強したことを思い出しつつ、
12回分くらい収録されている過去問を2周回しました。

一回目はさすがに忘れていて、最初のころは合格点にはるかに達しなかったんで すが、
5回くらい過去問を解いていくと、合格点に達するようになって来ました。

2周目ともなると、12回中10回くらいは合格点に達することができるように なりました。

これは過去問を分析することによって、同じ論点が数多く出題されているところ を間違えないようにしていったところが功を奏したと言えます。

各論を見てみますと、 大きく大問が5つとなっているうち、まず次のようなノルマを自分に課しました 。


第一問 16点(4問は最低正解)
第二問 16〜18点(部分点で1〜2問まで間違えてもいい)
第三問 14〜20点(取れるところは満点を取る)
第四問 14〜16点(比較的苦手なため甘めに)
第五問 14〜18点(統計的にこれくらいとれたため)


この試験は70点で合格のため、75〜80点を目標に、 大問ごとに大まかな得点目標を立てました。


●第一問

第一問は、意外と5つ全部正解することが少なかったため、 ここで時間を無駄に使うのは得策でないと考え、
4問は確実に取ろうときめまし た。

5つ取りに行こうとすると、20分以上かかったりすることがあったので、わか らなかったり、
ちょっと自信がなかったりしたら後回しにしました。

第一問は幅広い仕訳の技術が必要なところで、問題を読み解く能力が必要だと思 います。

●第二問

次に第二問

ここは、ちょっとした引っ掛けに引っかかってしまい、とんでもない点数を取っ たこともあり、侮れない箇所です。

例えば、「特殊仕訳帳」なのか、そうでないのか、
解答用紙にあるのが「残高試算表」なのか、 ただの「試算表」なのか、
専門学校でちゃんと習っているなら問題ないかもしれませんが、
独学の場合、自分の考え、気がつくところからはじめないといけないので、そこ らへんがハンデかもしれません。

そういうところをクリアにすれば、地道にやれば、得点源にできるところなので 、
結構時間はかかるところではありますが、きちんと仕訳を切っていけば大丈夫 でしょう。

●第三問

第三問は、清算表に記入するパターンと、本支店会計が主です。

本支店会計の場合、内部利益控除の計算や、相殺を覚えてしまえば、あとは単純 作業です。

必ず得点源にしないと合格は無いでしょう。

あと、売掛債権の貸引き、商品の棚卸減耗、商品評価損、 固定資産の減価償却、有価証券、社債、経過勘定などは、 絶対マスターしないと合格はないです。

簿記2級ではそこまで難易度は高くないので、 すぐに得点源にすることができるでしょう。

これらの個別論点は第一問とリンクしてるので、 あわせて勉強していると第三問は、単純作業ですし、
得点源になる大問だと思います。

●第四問、第五問

第四問と第五問ですが、こちらは工業簿記が出題されます。

簿記3級との大きな違いはここにありますが、 初学者が苦労するところだと思います。

第四問と第五問の基本は、勘定連絡図とボックス図がきちんとかけるかがポイン トでしょう。

工業簿記の仕訳は、勘定連絡図をかけるかどうかが、ポイントになってくるでし ょうし、
工程別原価計算などはボックス図がきちんとかければ得点できるでしょう。

当初、私が一番てこずったのは製造間接費の差異分析ですが、 図の描き方や、
どの数値を使うのかというのがわからない、 貸方差異なのか、借方差異なのかというのがわからないということで、これだけ は市販のテキストを立ち読みしたり、解法を何回も読み返したりと、苦労したと ころです。

おかげで、わかるようになり、間違えないようになりました。

総括してみると、日商簿記検定というのは、記述試験です。

いかに、数値を間違えないように、そしてめんどくさいようですが、一つ一つき ちんと仕訳を切れれば、
合格は見えるでしょう。

◆その資格でどんなことをやってきましたか?

特にこれをつかってやってるというのはないです。

◆現在どんなことをされてますか?

まったく別の職業です。

◆保有資格のメリット・デメリットを教えてください

簿記3級のとかぶりますが、会計の素養が見につきます。

◆保有資格の将来性をお聞かせください

職業における会計知識の需要はなくならないでしょう。

経理がない会社はないですからね。

経理職でなくても、会計知識は必須だと考えます。

◆別の仕事をするとしたら?

税理士・・・?(笑)

◆ココだけの話・裏情報・ぶっちゃけトーク

簿記3級の投稿記事とかぶってしまいますので、そちらをごらんください。

◆これからこの資格取得を目指す人へメッセージ

簿記2級は、3級と違って、工業簿記が出てきます。

これが、ちょっとわかりづらい箇所だと思いますが、 とにかく仕訳をきっちりし、一つ一つクリアしていってください。

日商簿記2級を取得すれば、経理職や、会計事務所の募集要項の必須条件に引っ かかりますから、
就職や転職にも便利だと思います。

日商簿記2級を目指したくなったら!
簿記seek


サイトマップ

資格seekメニュー 資格試験日程カレンダー 医療・福祉・介護系資格 法律・労務系資格 税務・会計・経営系資格 建築・不動産・土木系資格 語学系資格 公務員・行政・教育系資格 IT・情報系資格 技術・工業・環境系資格 その他の資格 あらゆる人の必須科目 オススメ資格 こんな資格はいかが? 国家試験・国家資格一覧 業務独占資格一覧 名称独占資格一覧 必置資格一覧 高難易度資格一覧 検定試験一覧 公的資格一覧 民間資格一覧 士業資格一覧 独立開業資格一覧 ○○とは一覧 ○○になるには一覧 趣味・実用系資格一覧 新試験制度資格試験 資格別年収TOP 厳選!主要スクール比較 厳選!求人サイト紹介 一括確認新着ブログ一覧 あいうえおINDEX/索引 あ行の資格試験一覧 か行の資格試験一覧 さ行の資格試験一覧 た行の資格試験一覧 な行の資格試験一覧 は行の資格試験一覧 ま行の資格試験一覧 や行の資格試験一覧 ら行の資格試験一覧 格言・哲学・習慣 リンクについて メールフォーム